HELLO! FROM NEW YORK

秋晴れの日に訪れて欲しい「9/11メモリアルミュージアム」。


Sep 10th, 2014

edit_akiko ichikawa

あれから13年。9/11ミュージアムがオープン。

9月になるといつも“あの時”の青い空を思い出します。抜けるような秋晴れの爽やかな朝でした。2001年9月11日に発生した米国同時多発テロから13年の時を経て、今年、9/11メモリアルミュージアムが開館しました。約3000人の命を奪い、またTVやネットなど同時中継的に全世界で20億人が目撃したといわれているこのテロですが、皆さんはどのようなストーリーをお持ちでしょうか?

当時、私はニューヨークに住み始めて間もない頃。その朝、私は10時にソーホーのショップに撮影のアポイントを入れており、ミッドタウンからタクシーで向かっていました。車がマディソン・スクエア・パークに差し掛かった頃、上空に煙のようなものが見え始めました。「火事?」と私が運転手に尋ねると「もっとひどいことになっている」というのです。ハウストン・ストリートまで到着したところで、それより南には車は入れないといわれ、下車せざるを得ませんでした。ウエストブロードウェイ沿いを歩き、アポのあるショップまで行く途中、ダウンタウン方面から走ってくる人々がいました。中には泣いている人も。

何がなんだかわからないまま、ショップに到着してみると今日の取材はキャンセルだから、と告げられ、私たちはそのまま編集者が泊まっていたソーホーグランドホテルに一旦引き上げることにしました。たまたま窓からは、WTC(ワールドトレードセンター)が見えるという部屋で、そこでTVを点け、緊急事態になっていることがようやく理解できたのです。
1棟になってしまったWTCからは煙がもうもうと上がっています。そして何よりシュールレアリスティックだったのは、TVの画面とホテルの窓からの眺めが全く一緒だったことです。その後、間もなく2棟目のタワーが倒壊しましたが、TVもそして窓枠に収まった“リアル”な光景も、どちらも真実とは信じ難いことでした。まるで映画かなにかを見ているような……あまりに酷すぎる光景を目の当たりにすると人間は不思議とショックを受けないものなのかもしれません。

9/11ミュージアムの前には、かつてそびえ立っていた2棟のビルの跡があります。今ではモニュメントとして水を使ったインスタレーションになり、周りは緑豊かな公園となっています。モニュメントの周りには亡くなった方の名前が刻まれ、多くの観光客が取り囲むように、カラッポになってしまったビルの跡地にある、四角いインスタレーションの中奥に流れていく水を眺めたり、写真に収めたりしていました。

一方ミュージアム内には、WTCの残骸がまるで巨大な彫刻作品のようにディスプレイされていました。こうして見ると、あのテロとは本当のことだったのか? という気さえしてきます。中でも一番印象的だったのは「Trying to Remember the Color of the Sky on That September Morning」という作品。ブルックリン在住のスペンサー・フィンチというアーティストによる、さまざまなトーンのブルーの水彩画、約3000枚を一堂に集めた作品です。“あの日”の体験はこのブルーのように人それぞれなのだろう、というメッセージが感じられるポエティックないい作品だと思いました。

今、10年以上の時を経て、このWTCは新しく生まれ変わっています。再開発も急ピッチですすめられ、傷痕は美しいモニュメントとなりました。でも、いつまでもあの日のことを忘れない、そしてあの日とはアメリカにとって、そして世界にとって何だったのか? この9/11ミュージアムとはそれを思い返すための設備なのだと私は思います。それはまるでアメリカの、巨大で美しい「墓碑」のようなものなのかもしれません。

9/11 Memorial Museum
Tel:(212)266-5211
開館時間 7:30-21:00 (9月11日はセレモニーのため開館時間が異なります)
http://www.911memorial.org/museum

Navigator
市川 暁子

フリーランスのジャーナリストとしてNYのファッションやカルチャー、ライフスタイルに関する記事を雑誌や新聞に寄稿。NYコレクションの取材は10年以上続けており、CFDA(アメリカファッション協議会)ファッション大賞のデザイナーもノミネートしている。ほか、並行してブラジルのサンパウロおよびリオのファッションウィーク取材も継続中。2007年には『NYのおみやげ』(ギャップジャパン)を、2013年にはブラジル人イラストレーター、フィリペ・ジャルジンの作品集『スケッチ&スナップ』(六燿社)を編集、出版した。www.originalslope.com

半世紀にわたって愛されて来たブルックリンの“居酒屋” ロングアイランド・バー。

BELLOCQ ティーアトリエで楽しむブルックリン的時間。


FEATURED ARTICLES

Sep 15th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.02

Vol.01のディテール解説に続き、Vol.02ではネイビーブレザーを着こなすスタイリングを提案。正統派にまとめるアイテムの組み合わ...

Aug 25th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.01

アメリカントラディショナルファッションの代名詞ともいうべきネイビーブレザーは、日本では《紺ブレ》の愛称で親しまれている。...

Sep 1st, 2016

ICON OF TRAD

Vol.45 いい男は優れたスーツ地を選ぶ目を養っている。

ウールは呼吸をする生きた生地だ。その造りや製法を知ることで、よいスーツを見極める新たな視点を手に入れたい。

Feb 9th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01

トラッドの定番であるB.D.(ボタンダウン)シャツは、アメリカのブランド<BROOKS BROTHERS>創業者の孫であるジョン・E・ブルッ...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Dec 25th, 2013

ICON OF TRAD

Vol.14 アイビーとプレッピー、ほんとうはどこが違うのだろう?

ファッション誌等で広く使われるアイビーとプレッピーという言葉。そのほんとうの違いとは一体何なのでしょうか。今回は81年に発...


YOU MAY ALSO LIKE

Jun 29th, 2016

HELLO! FROM NEW YORK

ローワーイーストサイドの新しい映画館「メトログラフ」。

最近映画といえば、ネットの配信やレンタルが便利でなかなか映画館へ足を運ぶ機会が減ってきているかもしれません。東京でも80年...

Jun 15th, 2016

HELLO! FROM NEW YORK

地下鉄構内の新スポット「TURNSTYLE」。

最近、ニューヨークの地下鉄構内も続々と再開発が進んでいます。中でも話題となっているスポットは59St/Columbus Circle駅の地下...

May 25th, 2016

HELLO! FROM NEW YORK

テクノロジー時代におけるファッションの可能性。

メトロポリタン美術館の服飾部門であるコスチュームインスティテュートが企画する「Manus x Machina: Fashion in an Age of Techn...

May 11th, 2016

HELLO! FROM NEW YORK

ニューヨーカーのダイエット最新事情。

ニューヨークもこれから一気に夏に向かっていく季節です。だんだん薄着になっていくこの時期、ダイエットに関心が向く人も多いの...

Apr 27th, 2016

HELLO! FROM NEW YORK

グリーンポイントのカフェ「Bakeri」へ。

ブルックリンのウィリアムズバーグ地区を北上していくと「グリーンポイント」というエリアになります。今、この界隈もかなり開発...

Apr 13th, 2016

HELLO! FROM NEW YORK

メトロポリタン美術館の新館がオープン。

世界3大美術館のひとつに数えられるニューヨークのメトロポリタン美術館。その分館として近現代美術にフォーカスした「The Met B...