UNSUNG NEW YORKERS

Dec 27th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.18 他の場所には存在しないこの街のエネルギーとエキサイトメントに魅了される。

何年か前にイベントの仕事で知り合ったジェニーは、ベトナム系のオーストラリア人だ。いきなり仕事でお金の交渉をする立場になっ...

Nov 22nd, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.17 こういうことができるのは、ニューヨークだから。

工藤キキさんがニューヨークにやってきたのは、​2011​年のハロウィーンだった。 「前から住みたいと思っていたけれど、震災...

Oct 25th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.16 ニューヨークは広大なネットワークの中心点。

MJカセルダンとは、このコラムにも以前登場したジョン・サントスが主宰するリトリートで知り合った。会場となった寺院で、「サウ...

Sep 15th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.15 この街は自分という人間を永遠に変えた。

長いこと、ヒップ系の床屋のオペレーションをやってきたリキ・ブライアンが、ジムをオープンした。何度か「トレーニングに来いよ...

Aug 17th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.14 新しいタイプの体験を作ることができるから、今まだ僕はここにいる。

そもそもジョン・サントスと初めて会ったのがいつのことか、どこだったのか、覚えていない。ギャラリーのオープニングだったか、...

Jun 22nd, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.13 自転車に乗っていれば、街中のいたるところで人にばったり会うことができる。

ジャックと初めて話をしたのは、近所のオーガニック・スーパーマーケットで、コーヒー豆を注文していたときのことだ。

May 18th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.12 この街がホームだと感じたことはない。でもそれはきっといいことなんだと思う。

2000年代中盤に、まだ20代前半だったラケル・ナヴェに会った。モデルとして活躍しながらポラロイド・カメラを使って、とても個人...

Apr 20th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.11 ニューヨークの人々がそれぞれ違うのが好きだ。そして人々の野心がエネルギーを作り出している。

ネイティブ・アメリカンのラグやクラフトを集める、という行為を通じて知り合った友人たちがいる。

Mar 16th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.10 この街は、自分でなりたい存在になれるところ。

ミリアム・ウォズモンドとは15年以上の付き合いになる。かつて長く一緒にいた人の妹で、初めて会ったときの彼女は18歳だった。

Feb 17th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.09 ニューヨークが特別なのは、すべてを次のレベルに推し進めようとする人々を惹きつけるから。

5年ほど前だったろうか、ビーチに遊びに行って、友人のグループと合流した時に「ケチャップをつくっているスコット」を紹介された。

Jan 20th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.08 まったく違うくぼみや世界が詰まっていて、ひとつの社会があるだけじゃない。

「いつもきてくれるお客さんにクリスマス・プレゼントがあるの」と、<カミング・スーン>のオーナーのひとりであるヘレナ・バー...

Dec 16th, 2015

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.07 出かければ何かが起きる。だからニューヨークはスペシャルな場所なんだ。

スコット・レンハートは、私が暮らすグリーンポイントで近所付き合いをしているアーティストだ。