CULTURE

ブランド初のドキュメンタリー映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』11月公開


Oct 27th, 2016

Text_NEWYORKER MAGAZINE

1837年の創設以来、多くの人々を魅了してきた世界的なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』が、11月5日(土)から公開されます。

ニューヨークと深い関わりのあるティファニー(TIFFANY & CO.)。五番街にある本店はもちろんのこと、ニューヨークのグランドセントラル駅にはティファニー製としては最大の大時計があること、ほかにも、野球やアメフトなどスポーツとの関わりがあることをご存じでしょうか。

これらの知られざる歴史などが明らかになる映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』。ブランドの創業者にして“キング・オブ・ダイヤモンド”と呼ばれたチャールズ・ルイス・ティファニーのエピソードから始まり、ブランドカラーである“ティファニー ブルー”の誕生秘話、アカデミー賞のジュエリー選びの舞台裏なども紹介されます。

ティファニーといえば、数々の映画作品の中でもその輝きを見せてきました。オードリー・ヘプバーン主演『ティファニーで朝食を』に、『オーシャンズ11』、『メラニーは行く!』、『ブライダル・ウォーズ』…など。なかでも、煌びやかさでいったら『華麗なるギャツビー』でしょうか。華やかな映画の世界にティファニーのジュエリーがより一層の輝きを添えていました。

このような著名作品をつくった監督たちの独占インタビューを聞くことができるのも、本作の見どころのひとつです。2013年に就任したティファニー初のデザインディレクター フランチェスカ・アムフィテアトロフが手掛ける、モダンなデザインの秘密も垣間見ることができるでしょう。

デザインディレクターのフランチェスカ・アムフィテアトロフ

原題は<CRAZY About TIFFANY’S>なのですが、こちらの方がもしかしたら「なるほど!」と通じるところがあるかもしれません。歴史あるジュエリーブランドですから、魅了された人は数知れず、多くの人々を虜にしてきました。そしてそれはティファニーで働く人々にも言えること。「息が止まる瞬間が人生でどれだけあるか──。」ティファニー社アンバサダーの女性が涙ながらに話す心に響く言葉も、ぜひともお聴き逃しなく。

『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』
11月5日(土)より
新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかロードショー
(C)2016 DOCFILM4TIFFCO LLC a subsidiary of QUIXOTIC ENDEAVORS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C) 2016 Quixotic Endeavors
公式サイト:www.finefilms.co.jp/tiffany
協力:TIFFANY&Co.
配給:ファインフィルムズ

ミュージカル SINGIN’ IN THE RAIN アダム・クーパー来日!

徳永彩 写真展『photogenic!』開催


FEATURED ARTICLES


YOU MAY ALSO LIKE