美人白書

Vol.11 小林ひろ美


Jul 24th, 2013

photo_ kentaro oshio
stylist_yuko hodono
hair&make_atsuko hirose
text_maho honjo
edit_rhino_inc

「自宅で」「身近にあるものを使った」スキンケアテクニックを伝授してくれる、美容家の小林ひろ美さん。実は波乱万丈の肌人生を送ってきたという小林さんに、“美しくいることを楽しむ秘訣”と簡単に実践できる、美肌お手入れ法を語っていただきました。

美肌の伝道師、小林ひろ美さんの美の秘訣

ワンピース、他(スタイリスト私物)

美肌エリートを歩むはずが、一転、ガン黒人生へ。

–今では、美容家として最強の美肌を保ち続ける小林さんですが、ここに至るまでにさまざまな紆余曲折があったとか。

美容家として活躍する母(メイクアップアーティスト・美容研究家の小林照子さん)のもと、物心ついたときから「唇をなめたらダメよ」「顔はゴシゴシ擦らないように」「最後は乳液でフタをしてね」など、完璧な美肌セオリーを叩き込まれて育ちました。小さい子に「クチャクチャと音を立てて食べてはダメよ」などとしつけますよね。小林家では、それと一緒のレベル。いわば、美肌エリート街道まっしぐら、だったわけです(笑)。

–それが、思春期に入ると、反対ベクトルへ突っ走ったと聞いています。

そのころの私たちのビューティアイコンといえば、サーファーカットで、焼けた肌から白い歯がのぞくファラ・フォーセット、ラクダに乗って砂漠を闊歩するCMでこんがり肌を披露する夏目雅子さんなど、とにかく「小麦色に焼けている女性=イケている!」という時代。私ももれなく友人の影響でサーフィンを始め、サーフィン雑誌『Fine』を熟読し、旅先のハワイではメンタムを塗ってオイル焼けに臨むという(!)”ガン黒人生”を満喫していました。

–お母様は嘆き悲しんだのでは?

「そんな娘に育てた覚えはない」と。私といえば「美白なんてダサい」。彼女の価値観と私の世界観が交わることはなく、思い切って留学しました。最初はロサンゼルス、そしてフロリダ、さらにブラジル。太陽を求めて南下の旅。実は私、太陽の陽射しを感じたり、海のそばにいたりすると幸せな気持ちになるんです。今でも、ウエストコースト系の音楽が好きだし、リゾートで映える鮮やか色のファッションが好き。無意識にDNAが反応しちゃうんです(笑)。だから母が何と言おうと「日焼けこそ、我が人生!」でしたね。

小林さん22歳、留学中のアメリカにて。ガン黒人生まっ真っ只中の一枚。

「私は私の道を行けばいい」と気がついて

–そんな”自由奔放ガン黒時代”を経て、人生最大の落ち込み時期に突入したとか?

忘れもしない、32歳のときですね。今までの行いがたたって、肌がボロボロになったんです。シワ、しみ、くすみ、たるみが一気に襲ってきて。メンタルもリンクしてどっぷりと落ち込みました。そういうときって、なぜだか人のものがうらやましく見えて仕方がないんですよ。なんなら、ねたましく見えてきたりすら、する。焦った私は高級エステに通い、占いにハマり、とうとう祈祷師を呼んでのお祓い騒ぎにまで。今思えば、すべてが”他力本願”だったんですよね。

–どうやって、その落ち込みから脱出したのですか?

大学時代の友人と一緒に出かけた温泉旅行がきっかけでした。旅のあいだ、ぼんやりと友人たちのスキンケアを眺めていると、ゴシゴシと強く顔をこすっていたり、化粧水だけでお手入れを終わらせていたり、私からすれば”ありえない”ことのオンパレード。「ダメダメ〜」「待って待って!」「だから、あのね…」と、私が小さいころからしつけられてきたスキンケア方法を披露すると、「どうして今まで教えてくれなかったのよ〜」「私たち、そういうことが知りたかったの!」「それでそれで?」と大好評だったんです。

–ご自信のスキンケア知識と、周囲のそれとの落差に気がついたんですね。

「ひろ美んちは特別なのよ」「一般の私たちに、もっと教えて!」と言われて、目からウロコが落ちました。そうか、私は母のようにプロに教えるプロになることはできなくても、ホームケアをしたい人たちに教えられることはたくさんある、と。母と比べられて、でも越えられなくて、無意識に心に鎧を着ていたけれど、母を目ざさなくても、同じ分野で、でも違う立場で、私なりの道を歩むことができるんだと気づいたら、その瞬間からすごーく息がしやすくなりました。

美しい肌は、健全なメンタルに宿る!

–温泉での気づきから、大きく一歩を踏み出して、今につながるんですね。

もともとの性格が、なんでも楽しんでやりたい、と思うタイプ。だからスキンケアもマストと考えるのではなくて、自分のできる範囲でやるのが有効だし、さらにはルンルンと頭に音符を踊らせながら楽しんでほしい。「疲れているのに面倒だわ」と思いながら時間をかけてマッサージするよりは、忙しい日はオイルクレンジングで早めに済ませて、その分パックで保湿して、「今日もがんばった!」と自分を褒めながら早くベッドに入った方が、お肌にも、何よりメンタルにも効くはずです。今、体に取り入れるものと、外側からの”内外美容”が唱われていますが、私が考えるのは、そこに気持ちの充実を加えた”内外メンタル美容”なんです。

–小林さんオリジナルのメンタル美容テクニック、教えてください。

たとえば、”毒だし日記”。イヤなことがあった日は、半身浴をしながら、その気持ちを日記につづって、汗といっしょにデトックス。お風呂から上がるときにはもうスッキリ! マイナスの気持ちを引きずらないようにします。あと、いやなことは過去形で言うようにするのも一案。「なんかイライラ”してた”のよね」「ムカムカ”しちゃった”」とかね。それでも、うっかり毒のある言葉をはいてしまうことだってあります。その場合はすぐにキャンセルすればOK。「キャンセル!」と口にしながら、机をコンコンとたたいたり、手をパンパンとたたいて、音で祓ってしまうのです。いわゆるストレスマネジメント術ですね。あ、それでもすっきりしない場合は、ぜひどん底まで落ちてみるのもオススメです(笑)。

–それは、ど、どういうことですか?

ときどき見かけるのが、大きな問題はないように見えるのに、なんとなくの不安や落ち込みを抱えている女性。人間、中途半端に優等生でおりこうさんにしていると、疲れてしまいます。そこで、雨の日を選んで、カーテンを閉め切って、暗〜いBGMを流して、絶望的な気持ちになる本を読んだり、救いようのないストーリーの映画を観たりするの。しりもちをつくぐらいにドカンと落ち込んでしまえば、あとはもう上がるだけ。ウジウジしている状況がバカバカしくなって、「自分の悩みなんてたいしたことないかも?」と思えたら大成功。そこからパッと心を切り替えることができるはずですよ。

肌を酷使する夏の“スキンケアテクニック”を大公開”

–ではここで、小林さんオススメの夏のスキンケアテクニックを教えていただきたいのですが。

まず、真夏のたるみがちな毛穴をキュッと引き締める、スプーンを使ったパッティング方法からご紹介しましょう。この「スプーンでパッティングする」というのは、忘れもしない1990年のFIFAワールドカップイタリア大会を観戦しながら発見した方法なんです。知人宅で「いけいけ!」「よし!そこだ」なんて大騒ぎをしているとき、私は興奮のあまり、パフェを食べていたスプーンで、自分の頬をビタビタと叩いていたんですね。時差のせいで寝不足&絶不調だったにも関わらず、翌日、なぜかお肌の調子だけがいい…。そこで母に訪ねてみると、「叩いたことで血色がよくなったのよ」と! まさに怪我の功名ですよね。

―ご自身の経験から編み出したテクニックなんですね。さっそく実践をお願いします。では、「スプーン冷温パッティング」から。

step01
① まず、自分の頬にフィットする大きさのスプーンを用意します。そのスプーンを氷水の中に入れ、クルクルと回し、冷やします。
step02
② その冷えたスプーンの背を使って、やさしくパッティング。骨部分は痛いのでお肉部分に当てて。
step03
③ 頬を持ち上げながら、下から上に向かってスプーンを動かすとリフトアップも期待できます。同じく適温のお湯につけたスプーンでパッティングを繰り返します。

―次は、意外に知らない「正しい日焼け止めの塗り方」を教えていただけますでしょうか。

紫外線にはA波、B波、C波があり、長い波長のA波は地面に反射して下からお肌を狙ってきます。そこでぜひお願いしたいのが、”Tゾーン”に加えて、目をグルリと囲む”ビッグC”、さらに目じりと小鼻と口角の”リトルC”にも塗り込むというひと手間。夏の終わりの肌疲れが違ってきますから、ぜひ実践してくださいね。

step01
① 日焼け止め適量を手に取ったら、肌なじみを高めるため、手のひらで温めます。
step02
② 手のひら全体を使って、スタンプを押すように、まずは顔全体に塗ります。
step03
③ Tゾーンを塗ったら、ビッグCへ移動。目の下のくぼみをカバーします。
step01
④ そのまま目じりへやさしく移動して、ビッグC全体をカバー。
step02
⑤ 次に指先の腹を使って、塗り残しがちなリトルCのひとつ、口角周りを。
step03
⑥ 目尻の際、小鼻の周りのリトルCもお忘れなく!

ファイトエイジングから、ビューティフルエイジングへ

–では、人生の先輩として、”年齢を重ねること”に対する想いや心構えを教えてください。

若さにまかせて日焼けを楽しんだ10代20代を経て、どん底を経験した30代は、とにかく若さにしがみついていました。「腕のいい美容クリニック、紹介して!」なんて、加齢に抗うアンチエイジング、加齢と闘うファイトエイジング、ですよね。でもある日、フランスの大女優さんなどを撮影したことのあるフォトグラファーがこんな話をしていたんです。「赤ちゃんの目は無垢できれい。でも、年齢を重ねた女性の目には”経験値”という美しさが宿る。だけどムリに皮膚を引っ張り上げたり、不自然にシワをなくしたりしては、そこに違和感が残るだけ。目はウソをつけないんだから」。それを聞いて、ハッとしました。そうだ、ワインやチーズみたいに熟成してこそ価値があるという美しさを目ざそう。中古車じゃなくてクラシックカーになろうって。以来、”ビューティフルエイジング”がキーワードになったんです。

–“ビューティフルエイジング”のために、心がけているのは、どんなことでしょうか。

年齢を重ねると、生きることに慣れてきたりしませんか? だいたいのことは予測できるように感じたり、あまり目新しいものがないように思えてきたりします。周囲だって、年が上というだけで持ち上げてくれる。でも、そこが落とし穴。だから私は”大御所感のない人”でいることを心がけています。知らないことは「知らない」と素直に言うし、続けて「それなに? 教えて!」と言える自分でいたい。そうやって、好奇心のアンテナを広げて、自分に飽きないことが大切なのではないかな、と。きれいな自分でいるために、日々変わり続ける。それが逆に、美を保ち続ける秘訣ではないかと思っています。


最後に小林 ひろ美さんから
“美しくなるためのメッセージ”

物事には必ずプラス面とマイナス面があります。そこで、プラス面を見るようにしてみてください。すると意識が変わって、肌まで共鳴するのがわかるはず。美しい肌をつくるのは、実はマインドなんですね。なんでも楽しめちゃう”ラテンマインド”で、ぜひ自分史上最高の美肌を手に入れてください。

今月の美人
小林 ひろ美

1964年3月11日生まれ。東京都出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。米国留学の後、輸入業、翻訳や企業の通訳などの仕事を経て、日本を代表する美容家である母・照子と「美・ファイン研究所」を設立。スカンジナビア政府観光局などの仕事をこなしながら、93年度よりパリコレの取材にも参加している。海外での生活体験を活かし、ファッションセミナー、トレンドセミナー、パルファンセミナーなど、トータルな視点からの心地よい生活情報を提供。身近なものを使ったアイディアあふれる美容法に定評があり、テレビ・女性誌を中心に活躍中。著書に『小林ひろ美のすべてがつまった美肌図鑑』(ワニブックス)、『今から始めれば大丈夫 小林ひろ美式 毎日3分美肌ケア』(主婦の友社)、最新刊『小林ひろ美の1日中どこでも 24時間美容』(ワニブックス)ほか。

Vol.12 中塚翠涛

Vol.10 清原亜希


FEATURED ARTICLES

Mar 28th, 2017

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.21 こんなことができて、人々が喜んでくれる場所

2000年代にはいくつもあった、ブルックリンのDIYスペースが、グリーンポイントやウィリアムズバーグから少しずつ姿を消すようにな...

Mar 23rd, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.02

スタイリッシュにデザインされた大人なパーカは、きれい目で落ち着きのあるスタイリングを程よくカジュアルダウンするように着こ...

Mar 21st, 2017

CORNERS

Vernon Boulevard

大きな橋や線路が交差するダイナミックな風景が印象的なロング・アイランド・シティだけど、マンハッタンやブルックリンに比べる...

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 14th, 2017

NEWYORK LIVES

川村真司「出る杭が謳われる都市ニューヨーク」

最初にニューヨークに移ろうと決めたのは、猫に引っ掻かれたから。アムステルダムの運河沿いの家で、いつも窓から入ってくる野良...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...


YOU MAY ALSO LIKE