HOW TO

トレンチコート Vol.02


Jan 26th, 2017

Text_NEWYORKER MAGAZINE
Photo_Toru Oshima

トレンチコートが生まれたのは第一次世界大戦下でのこと。イギリス軍が西部戦線での長い塹壕(=トレンチ)に耐えるために、悪天候用の防水コートをつくったのが起源。その原型となるアイテムは1900年頃に考案され、第一次大戦での普及が契機となり一般にも普及したという。ミリタリーをルーツとしたディテールではあるが、機能やデザインが共に優れ、1930年代から徐々に日本でも浸透していった。生地はコットンのギャバジンやウールを用いるのが主流だが、現在は合成繊維やレザーで仕立てたアイテムも存在する。

STYLE TIPS

1.Outfits
“カラーリング”がトレンチコートを上手に着こなす秘訣。

きれい目でかっちりとした印象をもたらすトレンチコート。ネイビーやグレーなど落ち着いた色合いの服を合わせて大人っぽく着こなすのもおしゃれだが、カラーリングで明るさと爽やかさをプラスすると、よりトラッド色が濃厚になり女性らしさが引き立ってくる。例えばギンガムチェックのB.D.シャツとマスタードカラーのスカートを合わせれば、女性の優美さが際立つ。コートの丈が長いので、膝丈のスカートとの相性がいい。一方、カジュアルなスタイルにもマッチする汎用性の高さもトレンチコートの強み。ボーダーのカットソーとベーシックなチノというオーソドックスなマリンスタイルも、コートをまとうことで女性の可憐さが強調され、コーディネートがより一層魅力的になる。

2.Waist belt
ベルトの使い方をアレンジして幅広い着こなしを楽しむ。

トレンチコートを着こなす最大のポイントはウエストのベルトにある。腰で結んだり、後ろでくくることでシルエットの調整が可能になり、同時に結び目がアクセントにもなるからだ。ベーシックな結び方は、ダブルテール(1)。ベルトを後ろで結び、先端とバックルを垂らした状態にしてシルエットをシャープに整える。フロントで結ぶならリボン結びが基本(2)。コートのボタンを留め、ウエストをキュッと引き締めながらリボン結びをすると、品のある着こなしができる。ややカジュアルに着こなすなら、片リボン結びがおすすめ(3)。コートのボタンは留めず、センターからややずらした箇所に結ぶことで、ガウンをまとったような洒脱でこなれた雰囲気になる。ベルトの変わりにスカーフでアレンジして、遊び心を加えるのもいい(4)。その際、結び方をリボン結びにするとより女性らしさが際立つ。


オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01

フィッシングジャケット Vol.02


FEATURED ARTICLES


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Mar 2nd, 2017

HOW TO

ウォーターリネンジャケット Vol.01

リネンはコットンと比較して丈夫で通気性が高いため、現代では夏物の衣料によく採用されている。その歴史は深く、紀元前より生地...

Feb 23rd, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.03

女性がオックススフォード地のボタンダウンシャツを着こなす場合は、スカーフやアクセサリーなどを使いコーディネートに華やかさ...

Feb 16th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.02

ブレザーを合わせたオーセンティックなスタイルがB.D.シャツを一番輝かせるコーディネート。オフでは、装いに品を添えるような気...

Feb 9th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01

トラッドの定番であるB.D.(ボタンダウン)シャツは、アメリカのブランド<BROOKS BROTHERS>創業者の孫であるジョン・E・ブルッ...

Feb 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.50 ブレザーは基本の3種類をシルプルかつスタイリッシュに着たいもの。

トラッドの必需品であるブレザーは万能服としても知られるアイテム。今回は3人のアイコニックな人物のスタイルをお手本に、このア...