HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.02


Feb 16th, 2017

Text_NEWYORKER MAGAZINE
Photo_Toru Oshima

トラッドの定番であるB.D.(ボタンダウン)シャツは、アメリカのブランド<BROOKS BROTHERS>創業者の孫であるジョン・E・ブルックスが1900年に考案したと言われているアイテム。氏がイギリスで観戦したポロ競技において、プレーの邪魔にならないように選手のユニフォームの襟が留められていることに気づき、それをヒントに襟の剣先を小さなボタンで留めたデザインが誕生した。生地は当時からオックスフォード地を採用している。これはスコットランドの生地メーカーであるデビッド&ジョン・アンダーソン社が開発したもので、生地名に大学の名前をつけて売り出したのが由来。

STYLE TIPS

1.Outfits
オンではオーセンティックに、オフでは脇役に。

オックスフォード地のB.D.シャツは、多くの人から愛されるアメリカントラッドの代名詞的存在。まず押さえておきたいのは、ブレザー、ロイヤルクレストタイ、グレーのスラックス、ローファー、といったオーセンティックなトラッドアイテムを合わせた、伝統(=トラディショナル)を重んじた着こなし。その汎用性から、カジュアルなスタイルにも応用ができるアイテムだが、オフでは主役にはせず、あえて脇役に徹した装いが現代的。バスクシャツのネック部分からボタンダウンの襟をのぞかせるように、カジュアルだけどどこか品性を感じるようなコーディネートが清潔感があってスマート。着こなしによっては色使いに気を配り、サックスのシャツを合わせるとオフスタイルとの相性がよくなる。

2.Accessories
トラッドなアイテムを足し算してアメトラ色を濃厚に。

着るだけでトラッドなムードを演出できるオックスフォード地のB.D.シャツ。品性を感じながらもフォーマルすぎない、洒脱な印象がトラッドの魅力だ。しかしながら、組み合わせによってはその魅力が中途半端になってしまうこともある。そうならないためにも、B.D.シャツを着るならアメリカントラッドのカラーをより濃色にしたいところ。羽織りや小物類で更にもう一品トラッドなアイテムをプラスすることで、アメトラ色を強調するのがスマートな方法。B.D.シャツをより魅力的に輝かせるネイビーのブレザーを羽織ったり、レジメンタルもしくはロイヤルクレストのタイを結ぶのも悪くない。またはローファーをプラスするだけでも着こなしの濃度を上げてくれる。


トレンドカラーの取り入れ方

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01


FEATURED ARTICLES


YOU MAY ALSO LIKE

Jan 19th, 2017

HOW TO

フィッシングジャケット Vol.02

フィッシングジャケットのヘビーデューティーな印象を中和して、都会的なスタイルを構築する。アイテム選びは素材や色使いにフォ...

Jan 12th, 2017

HOW TO

フィッシングジャケット Vol.01

フィッシングジャケット(別名/ランディングアウター)とは、その名の通り釣り用にデザインされたアウターを指す。かつては、耐...

Jan 12th, 2017

HOW TO

トレンチコート Vol.01

トレンチコートが生まれたのは第一次世界大戦下でのこと。イギリス軍が西部戦線での長い塹壕(=トレンチ)に耐えるために、悪天...

Jan 5th, 2017

ICON OF TRAD

Vol.49 ボブ・ディランに刺激されて フォークソングがアイビーに与えた影響を探る。

ノーベル文学賞を受賞し、世界中の人々の関心をさらったボブ・ディラン。彼のスタイルの変遷を辿りつつ、フォークソングとアイビ...

Dec 22nd, 2016

HOW TO

ダッフルコート Vol.02

トラディショナルなファッションのスタンダードアイテム、ダッフルコート。ボトムスや小物など、組み合わせるアイテムや色柄使い...

Dec 15th, 2016

HOW TO

ピーコート Vol.02

イギリス海軍の艦上用コートとして採用されたピーコート。マリンスタイルはもちろん、ワークウエアやトラッドアイテムなど、どん...