HOW TO

Vol.01 スーツの正しい着方

ベーシックスーツの正しい着こなし方編


せっかくジャストサイズのスーツを着ていても、着こなしを間違えると魅力も半減してしまいます。知っているようで知られていない、スーツスタイルを華麗に見せる着こなし術を伝授します。

Navigator
田村 智秀

株式会社ニューヨーカー MD統括本部 紳士企画部 部長

株式会社ニューヨーカーのトップデザイナーとして、スーツの生地から製造工程までを熟知した「Mr.ニューヨーカー」こと田村智秀。スーツの歴史やファッショントレンドに精通した田村が、スーツの正しい着かたと着こなしを伝授します。


正しい着こなし 7つのポイント

押さえておきたい、スーツを着る際の7つの心得を伝授。ジャケットボタンの閉め方からソックスの合わせ方まで、今すぐ取り入れられる着こなしポイントは必見です。

POINT 01
ボタンは1つ掛けが基本!

留め方1つで差が出るフロントボタン

2ボタンスーツの場合は上のボタンのみ留め、段返り3ボタンスーツは真ん中1つのみ留めるのが基本。ボタンすべてを留めてしまうのは間違った着こなしなのでご注意を!椅子に座る際はボタンを全て外しましょう。失礼になるのでは?と心配される方もいるかと思いますが、実はこれが正しい着こなしなのです!

POINT02
レギュラーorワイドカラーシャツで勝負

スーツを美しく着る為のドレスシャツ選び

スーツに合わせるドレスシャツにもルールがあります。スーツを美しく見せるレギュラー、またはワイドカラーシャツがお勧め。ボタンダウンシャツはカジュアル向きの為、スーツにはお勧めしません。夏のクールビズから秋になりスーツジャケットを着る機会も多くなりますが、シャツとジャケットの相性を覚えておけば怖いものなしです!

POINT03
シャツは素肌に合わせるのが正統

ドレスシャツの歴史にみる正しいインナー選び

ドレスシャツは元々は下着から発達した歴史があり、ジャケットを脱ぐことが不作法とされることもありました。そのため紳士の装いとしてドレスシャツは素肌に着るのが正式とされています。どうしてもアンダーを着用する場合は、白かベージュのVネックかクルーネックが許容範囲です。色柄物のTシャツやプリントTシャツを着るのはご法度ですので注意しましょう!

POINT04
ネクタイ選びは大剣の太さと長さでこだわる

失敗しないネクタイ選びのポイント

意外と知られていないのがネクタイの太さとラペルの関係。ジャケットのラペル巾とネクタイの大剣巾が同じだと非常にバランスが良く見えます。失敗しないネクタイ選びは同じブランドのスーツと合わせること。またネクタイを着用する際は、その長さもポイントです!ネクタイが最も美しく見えるのは、ベルトのバックルに剣先が掛る程度の長さなので覚えておきましょう!

POINT05
ポケットは飾りと心得る

スーツを美しく見せるポケットの活用法

ポケットに物を入れるとスーツの美しいシルエットが崩れてしまいます。内ポケットはともかく、外側のポケットには何も入れないのが基本です。外側のポケットは”飾り”と心得てください。すぐに取り出せるようにと、携帯電話やメモ帳を腰ポケットに入れるとポケットがふくらみ不格好に見えてしまいますので、胸ポケットにはチーフをパンツのヒップポケットには、ハンカチーフを挿す程度にとどめておきましょう。

POINT06
ベルト選びはシューズの色・素材が肝心

シューズの素材と色に合わせてベルトを選ぶ

ベルトの色とシューズの色を合わせるのは基本中の基本。できれば素材や質感も合わせたいものです。右の写真の様にベルトの色(黒)とシューズの色(黒)を合わせることで、スタイリッシュなイメージに。太さは3.5㎝程度がお勧めです。またベルト穴にも実はポイントが!ベルトの真ん中の穴で留めるのが正解。真ん中以外の穴は飾り程度に思ってください。

POINT07
ソックスはパンツorシューズの色に合わせる

オシャレは足下から。ソックスの合わせ方を伝授

ソックスの色や長さにもルールがあります。パンツかシューズに合わせたカラーをチョイスしてください。黒のスーツに黒のシューズを履く場合は、ソックスの色は黒に限定されます。ソックスの長さにも注意が必要。座ってもスネが見えない長さが正式です。


スーツを着こなす上でのルールはありますが、仕事だからスーツを「着る」ではなく、是非「装う」ということを意識してみてください。大事な会議がある、自分をより良く表現したい、今日会う人や場所に合わせたコーディネートをしてみよう等の想いが「装い」になり、ファッションがより楽しく、身近に感じられます。

NEWYORKERは、そんな皆様にご提案できるブランドでありたいと思います。

スーツのお手入れ方法

ジップアップ パーカ Vol.02


FEATURED ARTICLES

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Oct 20th, 2016

HOW TO

ストライプ スーツ Vol.02

Vol.01のディテール解説に続き、Vol.02ではストライプスーツを着こなすスタイリングを提案。Vゾーンのアレンジで印象はぐっと変え...

Mar 2nd, 2016

ICON OF TRAD

Vol.39 女性がほんらい男物だったトレンチコートを着るとき

そもそも男性服であったトレンチコートは、どのようにして女性たちの間に浸透していったのだろうか?

Aug 25th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.01

アメリカントラディショナルファッションの代名詞ともいうべきネイビーブレザーは、日本では《紺ブレ》の愛称で親しまれている。...

Jan 12th, 2017

HOW TO

トレンチコート Vol.01

トレンチコートが生まれたのは第一次世界大戦下でのこと。イギリス軍が西部戦線での長い塹壕(=トレンチ)に耐えるために、悪天...


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 23rd, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.02

スタイリッシュにデザインされた大人なパーカは、きれい目で落ち着きのあるスタイリングを程よくカジュアルダウンするように着こ...

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 2nd, 2017

HOW TO

ウォーターリネンジャケット Vol.01

リネンはコットンと比較して丈夫で通気性が高いため、現代では夏物の衣料によく採用されている。その歴史は深く、紀元前より生地...

Feb 23rd, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.03

女性がオックススフォード地のボタンダウンシャツを着こなす場合は、スカーフやアクセサリーなどを使いコーディネートに華やかさ...

Feb 16th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.02

ブレザーを合わせたオーセンティックなスタイルがB.D.シャツを一番輝かせるコーディネート。オフでは、装いに品を添えるような気...

Feb 9th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01

トラッドの定番であるB.D.(ボタンダウン)シャツは、アメリカのブランド<BROOKS BROTHERS>創業者の孫であるジョン・E・ブルッ...