HOW TO

Vol.20 大人のためのカラーコーディネート

2014 春夏の流行色


例年になくファッションが楽しくなると騒がれている今年の春夏。一体どんな色が流行るのでしょうか? 気になる流行色と、着こなしに取り入れるコツをいち早くおさえて、楽しい春のファッション計画を! ナビゲーターは今回もスタイリストで服装心理カウンセラーの久野梨紗さんです。

Navigator
久野梨沙

服装心理学に基づくスタイリングの第一人者。
大学で認知心理学・色彩心理学を研究した後、大手アパレルメーカーでの商品企画職を経て個人向けスタイリストに。現在は、色彩心理を活かした印象コントロールや外見コンプレックスの解消、服装でのモチベーション向上など、ファッションと心理を絡めた情報発信に定評がある。


2014春夏の流行色は、
ブライトカラーとソフトカラー

全体的に鮮やかな色が増えてきて、
ブライトカラーとソフトカラーの2大潮流になります。

1つめが『ブライトカラー』。ネオンのように光る色ではなく、より色が濃くなっているのが特徴で、特に暖色がトレンド。赤みや黄みの強いオレンジや、朱赤が注目されています。毎シーズン春に人気のピンクは、いつもより紫がかった、青みが強い都会的なピンクに。今まで敬遠していた方にも取り入れやすくなりますね。今年は春からいきなり夏のようなトロピカルムードが全開、といった感じですよ。

そして、2つめが『ソフトカラー』。淡いアースカラーや、グレイッシュな中間色です。パステルカラーよりも薄い色が特徴。ベージュ、カーキ、ブルーなどもブライトカラーとは対極に、とてもソフトなバリエーションです。

今年は「色より素材がおもしろいシーズン」と言われています。透ける素材やメッシュなどをレイヤードして、ソフトカラーでは陰影を楽しみましょう。こちらのカラーはどちらかというと、素材が主役になるグループですね。

ブライトカラーとソフトカラーの着こなしのポイント

① 濃色(ブライトカラー)と、淡色(ソフトカラー)をミックスしない。

同じカラートーンの組み合わせが今年のトレンド。今までのように淡色を黒で引き締めると古臭い印象に。

② ブライトカラーは黒やこげ茶などの濃色で引き締めて。

とことん濃い色を選んで、コントラストを効かせましょう。大人っぽいトロピカルが今年のムード。

③ ソフトカラーは白や、同じトーンで合わせて素材で楽しむ。

透ける素材は、重ねていくごとに色の奥行きが出て、自然なグラデーションがつくれます。

④ 小物は色の質感のあるもをチョイス。

メタリック、グリッター、ラメ、鏡面加工など近未来的な感じがする素材も注目です。キラキラしているものはポイント使いが効果的。

TREND MEMO

トレンドって、20代の子達が何に反応するかでも大きく変わるんですよ。今年は1980年後半~1990年代が主流になってきています。いわゆるバブルの頃のパワフルなファッションですよね。最近までは強すぎるかな?と思っていた黒×ゴールドの組み合わせも今では新鮮。アクセサリーを選ぶならイエローゴールドがおすすめです。

流行色とトレンド、着こなしのコツ

色柄、素材でおしゃれに。
今年らしい着こなし方にチェンジしましょう!

Business style for man

ビジネスシーンでは青系の色みが多いものですが、今年は暖色系の濃い色を入れると断然おしゃれ。オレンジ、黄みの強いえんじ色など、麻やシルクのネクタイで取り入れてみてください。 プレッピーテイストもブームなので、チルデンニットのライン使いや、チェック柄を取り入れると良いでしょう。少しだけ着崩すことが今年っぽい要素です。

Casual style for man

ポイントはミックス感。流行のスポーツテイストジャケットにスラックスを合わせたり、上下ともかっちりとしたスタイルのときは、足元はスニーカーやサンダルで抜け感を。ここにブライトカラーの濃色をがつんと入れると効果的です。 ソフトカラーなら、色落ちしたようなナチュラルなカーキ色や、太め幅のボトムと合わせて、大人っぽくグレイッシュにまとめましょう。麻や上質コットンでリラックスムードを。

Business style for woman

フォーマルな印象になる黒や濃いグレー、こげ茶をチョイスして、そこにブライトカラーをインナーで取り入れるところからはじめましょう。 アートプリントや大きめの柄ものにもぜひチャレンジ。今年はシルエットもすっきりとタイトなものが多く、より大人っぽく、マスキュリンな雰囲気で凛と着こなせます。フラットシューズがメインになってきている昨今。足元はややトーンダウンすることで子供っぽくなりません。

Casual style for woman

ボーダーや、ボタニカル柄、写実的な花柄、チェック、アニマル、ペイズリーなど全般的に柄がたくさん登場する今シーズン。ブライトカラーで、メリハリをつけてパワフルに。 ソフトカラーでの柄×柄なら、透け感が出すことがカジュアルスタイルを女性らしくしてくれます。インナーに迷ったら白か、ワントーンで統一させると綺麗。テイストミックスという着こなし方はインパクトあるので、サイズやシルエットはベーシックにしておきましょう。

トレンチコートのデイリー&シーズナルケア。

スーツを綺麗に保つ方法


FEATURED ARTICLES

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Oct 20th, 2016

HOW TO

ストライプ スーツ Vol.02

Vol.01のディテール解説に続き、Vol.02ではストライプスーツを着こなすスタイリングを提案。Vゾーンのアレンジで印象はぐっと変え...

Mar 2nd, 2016

ICON OF TRAD

Vol.39 女性がほんらい男物だったトレンチコートを着るとき

そもそも男性服であったトレンチコートは、どのようにして女性たちの間に浸透していったのだろうか?

Aug 25th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.01

アメリカントラディショナルファッションの代名詞ともいうべきネイビーブレザーは、日本では《紺ブレ》の愛称で親しまれている。...

Jan 12th, 2017

HOW TO

トレンチコート Vol.01

トレンチコートが生まれたのは第一次世界大戦下でのこと。イギリス軍が西部戦線での長い塹壕(=トレンチ)に耐えるために、悪天...


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 23rd, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.02

スタイリッシュにデザインされた大人なパーカは、きれい目で落ち着きのあるスタイリングを程よくカジュアルダウンするように着こ...

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 2nd, 2017

HOW TO

ウォーターリネンジャケット Vol.01

リネンはコットンと比較して丈夫で通気性が高いため、現代では夏物の衣料によく採用されている。その歴史は深く、紀元前より生地...

Feb 23rd, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.03

女性がオックススフォード地のボタンダウンシャツを着こなす場合は、スカーフやアクセサリーなどを使いコーディネートに華やかさ...

Feb 16th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.02

ブレザーを合わせたオーセンティックなスタイルがB.D.シャツを一番輝かせるコーディネート。オフでは、装いに品を添えるような気...

Feb 9th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01

トラッドの定番であるB.D.(ボタンダウン)シャツは、アメリカのブランド<BROOKS BROTHERS>創業者の孫であるジョン・E・ブルッ...