HOW TO

2015春夏トレンドカラーの取り入れ方  旬の鍵は「色×素材」にあり!


photo_mayuko ukawa , kazumasa takeuchi (LESSON 02)
styling (LESSON 02)_saori kajitani , mari ando , ayako fukuda

ここのところ徐々に暖かくなり始め、いよいよ彩り豊かな春夏ファッションの到来です。そこで気になるのが今年のトレンド。今回のHOW TOでは、「色」にフォーカスして、トレンドカラーの流れやスタイリング方法、パーソナルカラーの活かし方までを紹介します。「色」をうまく取り入れて、時代と自分に合った着こなしを楽しみましょう。今回もスタイリストで服装心理カウンセラーの久野梨沙さんがナビゲーターです。

LESSON 01

2015年春夏の三大流行色

「スモーキーパステル」 「ブルーのグラデーション」 「エスニック」

TREND COLOR #01 スモーキーパステル

秋冬との違いは生地感にあり

去年の秋冬から続く、ニュアンスのあるスモーキーなパステルカラーというトレンド。秋冬との違いは、素材感を変えることで涼やかさを出すこと。たとえばタイプライタークロスのような、凹凸が少なくぱりっとした質感を持つ生地などを選ぶようにして、春らしい軽やかさを出しましょう。

TREND COLOR #02 ブルーのグラデーション

発色のよいブルーの競演

長い間停滞していたデニム熱がとうとう今年は復活しそうです。そんなデニムブームの影響もあり、変化の少ない濃淡を上手に使った、ブルーのグラデーションでコーディネートするのが今年のトレンド。特にメンズアイテムに顕著で、クールビズを中心にビジネスシーンで取り入れやすいトレンドです。

TREND COLOR #03 ヒッピーテイストのエスニックカラー

時代は80年代から70年代へ

2014年秋冬のトレンドだった80年代風から一転、今季は70年代を彷彿とさせるエスニックカラーがトレンド。赤・青・緑などの原色をダークにした色で、ヒッピーテイストや、エスニック柄のアイテムが数多くリリースされます。リネンなどのナチュラルな素材がマッチし、入門編としては差し色使いがオススメ。

LESSON 02

トレンドカラーのスタイルサンプル

素材感とトータルカラーバランスで今年っぽさを!

TREND COLOR #01 スモーキーパステル

【 Men 】
パステル×グレーでビジネス顔に
クールビズの時期にもぴったりなのが、さらっとした素材のパステルトーンのジャケット。グレーのパンツなど落ち着いた色を合わせれば、大人っぽくまとまります。
【 Women 】
小物で甘辛のバランスを
パステルカラーは、ぱりっとした質感のアイテムと組み合わせると春夏らしい清涼感が出ます。足元のマニッシュなシューズで、甘さ控えめにするのも今年らしくて◎。

TREND COLOR #02 ブルーのグラデーション

【 Men 】
実直なカラーを素材感でハズして
ジャケットなどを濃い青で、シャツを淡い青でまとめています。ビジネスシーンでは定番の色合わせだからこそ、あえてリネンなどのラフな素材でまとめると変化が出ます。
【 Women 】
白を効かせて新鮮な着こなしに
ブルーのグラデーションの中に、白を効果的に使って爽やかにすると今年っぽい着こなしに。春先は白を少なめに、夏は多めにと面積で季節感を表現しましょう。

TREND COLOR #03 70年代風のエスニックカラー

【 Men 】
トレンドカラーの上級スタイリング
リネンなどの天然素材を選ぶとナチュラルな印象となるエスニックカラーも、スポーツテイストでまとめることで、より今っぽく洗練された着こなしになります。
【 Women 】
通勤スタイルを旬な着こなしに
オフィスでは、エスニック柄のストールがおすすめ。茶やベージュ、オレンジなどのナチュラルな色をメインにするとオフィススタイルも鮮度UP。レトロな雰囲気が今の気分です。

LESSON 03

素材を変えれば、NGカラーがOKカラーに!

パーソナルカラーと質感のマッチングが重要!

髪や瞳の色、肌の質感など、顔全体の色素によって4つに大別できるパーソナルカラー。知ることで自分に似合う色を把握できますが、逆にその色ばかりでは飽きてきてしまうというのも正直なところ。また、自分のパーソナルカラーがトレンドカラーにないときはどうするか…? 答えはズバリ、“質感を変えてみること”。ファッションの長所のひとつとして、似合わないと思っていた色も、自分に似合う素材や形に変えれば、着こなせてしまうのです。

「〈合わない色〉×〈合う素材〉」で取り入れよう!

以下の、A〜Dのパーソナルカラーの特徴をおさえて、自分に合う素材をベースに取り入れて、さまざまな色に挑戦してみましょう。

A スプリングタイプ

髪や目の色が茶系で、
肌など顔全体の色素が明るい人

合う色:黄みがかった明るくポップな色
合わない色:青みの強い色、暗い色、濁った色
合う素材:軽くて光る生地(シルク、サテンや細かいラメ入りなど)

B サマータイプ

髪や目の色が黒系で、
肌など顔全体の色素が明るい人

合う色:パステルカラー、スモーキーカラー
合わない色:鮮やかな色、黄みの強い色、暗い色
合う素材:軽くてマットな素材(リネン、チュールレースなど)

C オータムタイプ

髪や目の色が茶系で、
肌など顔全体の色素が濃い人

合う色:深くシックな色
合わない色: パステルカラー、鮮やかな色、青みの強い色
合う素材: 重厚かつマットな素材(ツイード、ウール、スエード、コーデュロイなど)

D ウインタータイプ

髪や目の色が黒系で、
肌など顔全体の色素が濃い人

合う色:ネオンカラーや原色などの濃い色とごく淡いペールカラー
合わない色:濁った色、黄みの強い色
合う素材:重厚かつ光沢のある素材(ベルベット、レザーの表地、スパンコールなど)

REVIEW

さて、毎シーズン恒例となっているトレンドカラー特集。色だけでなく、素材を加味した実際の色の「見え方や印象」こそ重要だとおわかり頂けたでしょうか? そのアイテムを活かせるかどうか、素材やトータルのカラーバランスを考えることも、ファッションの面白さのひとつ。色づかいをマスターして、おしゃれの幅を広げることで、より深くファッションを楽しんでください。

パーソナルカラーチェックはこちらで詳しく解説しています。
Vol.15 大人のためのカラーコーディネート パーソナルカラー

NEWYORKER公式オンラインストア 2015年春夏の新作はこちら
MEN’S 新作一覧
WOMEN’S 新作一覧

Navigator
久野 梨沙

服装心理学に基づくスタイリングの第一人者。
大学で認知心理学・色彩心理学を研究した後、大手アパレルメーカーでの商品企画職を経て個人向けスタイリストに。現在は、色彩心理を活かした印象コントロールや外見コンプレックスの解消、服装でのモチベーション向上など、ファッションと心理を絡めた情報発信に定評がある。現在、パーソナルスタイリストを養成するマンツーマンスクールの新規入学生を募集中。
http://www.forstyle.biz/fashion_school/

機能と見た目にこだわった 大人のための文房具

スタイルを決めるのは2着目! フレッシャーズのためのスーツの正しい選び方


FEATURED ARTICLES

Sep 15th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.02

Vol.01のディテール解説に続き、Vol.02ではネイビーブレザーを着こなすスタイリングを提案。正統派にまとめるアイテムの組み合わ...

Feb 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.50 ブレザーは基本の3種類をシルプルかつスタイリッシュに着たいもの。

トラッドの必需品であるブレザーは万能服としても知られるアイテム。今回は3人のアイコニックな人物のスタイルをお手本に、このア...

Sep 29th, 2016

HOW TO

キルトスカート Vol.02

Vol.01のディテール解説に続き、Vol.02ではキルトスカートを着こなすスタイリングを提案。秋らしい素材感や差し色で楽しむコーデ...

Sep 16th, 2015

ICON OF TRAD

Vol.34 アメリカントラッドに英国テイストが加味されたのはいつからのことだろう

トラディショナルな着こなしの源流が英国のスタイルに端を発することは周知の事実であるが、その事の起こりや、裏側にある物語を...

Aug 25th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.01

アメリカントラディショナルファッションの代名詞ともいうべきネイビーブレザーは、日本では《紺ブレ》の愛称で親しまれている。...

Sep 6th, 2016

HOW TO

キルトスカート Vol.01

キルトスカートはスコットランドのハイランド地方に伝わる一足型ボトムス「キルト」に由来する。キルトはタータンチェック柄の大...


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 23rd, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.02

スタイリッシュにデザインされた大人なパーカは、きれい目で落ち着きのあるスタイリングを程よくカジュアルダウンするように着こ...

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Mar 2nd, 2017

HOW TO

ウォーターリネンジャケット Vol.01

リネンはコットンと比較して丈夫で通気性が高いため、現代では夏物の衣料によく採用されている。その歴史は深く、紀元前より生地...

Feb 23rd, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.03

女性がオックススフォード地のボタンダウンシャツを着こなす場合は、スカーフやアクセサリーなどを使いコーディネートに華やかさ...