HOW TO

ネイビーブレザー Vol.02


Text_NEWYORKER MAGAZINE
Photo_Toru Oshima

アメリカントラディショナルファッションの代名詞ともいうべきネイビーブレザーは、日本では《紺ブレ》の愛称で親しまれている。その出自に関しては1830年代の海軍の制服、あるいは1870年代のボートレースの選手が着用していたジャケットなど諸説がある。いずれにせよ確かなのはイギリス由来のものであり、時代とともにスタイルを変えながら長く愛されているという点だ。オーセンティックなⅠ型のボックスシルエットに加え、メタルボタンやポケットなどのディティールに、ネイビーブレザーのルーツを感じることができる。

STYLE TIPS

1.Outfits
ネイビーブレザーは正統派に着こなす

ネイビーブレザーは、なんといっても正統派なスタイリングがしっくりくる。インナーに合わせるシャツはオックスフォードのボタンダウンが定番で、ワイドカラーのようなドレッシーな印象のものは似合わない。タイトすぎず、袖口からシャツが1㎝ほど覗くサイジングを意識したい。カジュアルにまとめるならベージュのチノパンツ、フォーマルな場ではグレーのスラックスがベター。アメトラなら足元はローファーやサドルシューズ、ダーティバックスとの相性が良く、ソックスはパンツとシューズをつなぐ同系色を選ぶのがスマートだ。よりトラッド感を匂わせるならば、エンブレムやピンズなどの小物で味付けをするのがいいだろう。

2.Accessories
オーセンティックなタイのバリエーション

ネイビーブレザーで着こなしに差をつけるならネクタイ選びを大切にしたい。柄の一つひとつに意味を持つネクタイ。例えば、イギリスの軍旗をベースにして生まれたレジメンタルタイは、その名の通りレジメンタル(regimantal)=「連隊の」を表し、軍隊への所属を示したストライプだ。左肩下がりのものは英国式、ブルックス・ブラザーズが発祥とされる右肩下がりの「リバース」は米国式と呼ばれ、どちらもネイビーブレザーの胸元にはよく似合う。また、その歴史を十字軍にまでさかのぼることができるクレスト(紋章)タイや、ストライプと組み合わせたロイヤルレジメンタル、動物やスポーツモチーフもトラッドファッションの定番柄。礼装としても用いられるボウタイは、オーソドックスな組み合わせの中に華やかな印象をプラスしてくれる。


キルトスカート Vol.02

キルトスカート Vol.01


FEATURED ARTICLES


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 23rd, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.02

スタイリッシュにデザインされた大人なパーカは、きれい目で落ち着きのあるスタイリングを程よくカジュアルダウンするように着こ...

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Mar 2nd, 2017

HOW TO

ウォーターリネンジャケット Vol.01

リネンはコットンと比較して丈夫で通気性が高いため、現代では夏物の衣料によく採用されている。その歴史は深く、紀元前より生地...

Feb 23rd, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.03

女性がオックススフォード地のボタンダウンシャツを着こなす場合は、スカーフやアクセサリーなどを使いコーディネートに華やかさ...