HOW TO

キルトスカート Vol.02


Text_NEWYORKER MAGAZINE
Photo_Toru Oshima

キルトスカートはスコットランドのハイランド地方に伝わる一足型ボトムス「キルト」に由来する。キルトはタータンチェック柄の大きな一枚布を腰に巻き、紐やベルト、ピンで留めていたもので、ハイランドの男性用衣装であった。このスカートのような形状の衣装はやがてファッションアイテムとしても用いられるようになり、女性のトラッドファッションには欠かせない「キルトスカート」として普及していった。氏族ごとに模様が定められ、家紋としての役割を果たしてきたタータンに、このアイテムの持つ長い歴史を感じることができる。

STYLE TIPS

1.Texture
キルトスカートの素材感を引き立てるニットとの組み合わせ

上質であたたかみのある素材感が魅力のキルトスカートのトップスにはニットを選んで秋らしい着こなしを楽しみたい。落ち着いたブラックウォッチにストライプシャツとニットベストを合わせれば、清潔感のある洗練されたスタイリングに。トラッドなケーブル編みのニットベストは、ややドロップしたショルダーが程よいリラックス感。5色を組み合わせたNEWYORKERオリジナルのハウスタータンは、重くなりがちな秋冬のコーディネートを軽やかにしてくれる。バーガンディのタイツで差し色をプラスすれば秋らしい印象。足元は可憐なフラットシューズで。

2.Shoes
着こなしを広げる足元のコーディネート

トラッドからガーリッシュな着こなしまで、足元のコーディネートによって、キルトスカートはさまざまな表情を見せてくれる。起毛したウール素材のタータンチェックとバランスがいいのは、ボリューム感をもたらすショートブーツ。よりトラッドさを求めるならばメンズライクなウイングチップの革靴。女性らしさを演出するならばラウンドトゥのバレエシューズといったように、どんな靴を合わせるのかが着こなしのポイントとなる。また、黒や茶などの定番色のほか、カラータイツやカジュアルソックスで遊びを入れればスタイリングの幅はぐっと広がる。


ストライプ スーツ Vol.01

ネイビーブレザー Vol.02


FEATURED ARTICLES


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 23rd, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.02

スタイリッシュにデザインされた大人なパーカは、きれい目で落ち着きのあるスタイリングを程よくカジュアルダウンするように着こ...

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Mar 2nd, 2017

HOW TO

ウォーターリネンジャケット Vol.01

リネンはコットンと比較して丈夫で通気性が高いため、現代では夏物の衣料によく採用されている。その歴史は深く、紀元前より生地...

Feb 23rd, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.03

女性がオックススフォード地のボタンダウンシャツを着こなす場合は、スカーフやアクセサリーなどを使いコーディネートに華やかさ...