ICON OF TRAD

Vol.40 これから社会で活躍する若い人にお勧めしたい3種の基本柄ネクタイ


Apr 6th, 2016

text_shuhei tohyama
illust_yoshifumi takeda
edit_rhino inc.

知っていそうで意外とわからないネクタイ選びのルール。一言にルールといっても厳密な決まりはないだろうが、偉人たちのネクタイ選びからその基本を考察してみよう。

紺のスーツに紺の縞柄ネクタイが基本

昔読んだなにかの本で作家の森茉莉さん(1903~1987)が男のスーツとネクタイについてこんなことを書いていた。

「色は、フランスでは若くても黒を着るし、普段でも上着だけは黒をよく着るが、日本ではきまりすぎる感じになるし、喪服かと思われたり、牧師じみた感じにもなるから、深い紺の背広に、ネクタイも同じ紺か、紺に斜め縞が一番いい。この定まりきった、紺の背広に、紺の斜め縞のネクタイ、というような取り合わせを、着る人の味で粋にしてしまうのが、背広の着方の本筋である」

たしかにその通りで、そんな着こなしの代表として挙げたいのがジョン・F・ケネディである。ケネディは、ニューヨークのH・ハリスで仕立てたダークブルーかグレーのスーツに白いドレスシャツ(シャルベかブルックス・ブラザーズ)、そして濃紺に白っぽいストライプが入ったネクタイをプレーンノットで合わせていた。

この着こなしは、それを身につける人を若々しく活動的に見せる効果があるので、とくにフレッシュマンにはお手本になるはずだ。言うまでもないが、若い方が大統領のようなブランド品を模倣しても意味がないこと。模範にするのは、あくまでコーディネートで充分だ。

ストライプタイのアイコンとして、もうひとりチャールズ皇太子を取り上げておきたい。英国皇太子のクラシックな着こなしは、女性にはその素晴らしさが伝わりにくいらしいけれども、洋服のプロから見ると、ほれぼれするくらい完璧であるからだ。

筆者がとくに評価したいのはサヴィル・ロウの老舗アンダーソン&シェパードのチーフカッター、ジョン・ヒッチコックが腕をふるったチャコールグレーのダブルブレストスーツに、ターンブル&アッサーで仕立てた白地にごく細いエンジのストライプが入ったダブルカフスシャツ、そしてエンジ×紺のレジメンタルストライプタイという着こなしである。

このエンジ×紺のストライプというのは、王室にゆかりが深いエリートで構成されるグレナディアガーズ(近衛歩兵第1連隊)に所属していることを示すもの。レジメンタルストライプタイには、このような伝統的な意味があることを覚えておきたいもの。

森茉莉さんが本当に伝えたかったスタイルとは?

ご存じのように森茉莉さんは文豪・森鴎外の長女で、ちょっぴり官能的な小説や都会的でお洒落な随筆を書くのが得意な人だった。筆者が好きな小説『贅沢貧乏』(新潮社)によると、私生活でもたいへんにお洒落で頑固なスタイルを貫いていたらしい。

そんな森さんが電車に乗ったり都会を散歩なさったとき、若い人たちがみんな深い紺の背広に紺に斜め縞の入ったネクタイであったとしたら、森さんは、ご自身が書いたことも忘れてプンプン怒り出すに違いない、と筆者には思えるのである。

つまり森茉莉さんは紺の着こなしにこだわったわけではないと思うのだ。ほんとうに伝えたかったことは、いつも同じような装いでも、それを続ければ味わいのあるスタイルになる。そんな本物の男を目指しなさい、とおっしゃりたかったのに違いない。

男のビジネススーツは紺かグレーか、ごくまれに茶。それに組み合わせてスタイルが構築でき、しかも若い人にふさわしいトラディショナルなネクタイの柄は「ストライプ」、「水玉」、「ペイズリー」の3種である。では残りの2種にどんな特長があるのかを考えてみることにしよう。

熱血宰相と、芸術家や冒険家も愛した水玉タイ

熱血宰相と呼ばれた英国のチャーチルは水玉の蝶ネクタイを生涯愛用した人として知られている。チャーチルの水玉は、ポルカドットと呼ばれる、水玉の直径が3から4ミリほどのもの。ポルカドットはダンディな飛行家として知られるアルベルト・サントス・デュモンも常用している。水玉タイのなかではもっともオーソドックスな柄だ。

しかし、この柄を愛用しているエッセイストの松山猛さんによると、水玉の間隔とその大きさには微妙な違いがあって、「これぞ完璧!というものにはなかなか巡り合わないんだ」とおっしゃっていた。ポルカドットはシンプルでいて実は奥が深いのである。

いっぽう直径が15ミリ以上もある大きな水玉タイを愛用する芸術家もいる。フランスを代表するシャンソン歌手、ジルベール・ベコーがその人だ。彼は歌手をめざして某クラブのオーディションを受けたのだが、歌う前にオーナーから「ネクタイを締めていない歌手はうちの店にふさわしくない」と言われてしまった。ネクタイを買うことができないほど貧しかった彼は、すぐに家に戻って母親の大きな水玉ワンピースの裾を切り取り、ネクタイ替わりにして歌ったところ見事に合格。以来ジルベール・ベコーは、幸運のアクセサリーとしてコインドットと呼ばれる大きな水玉タイを愛したという。

若い方がビジネスシーンに使うには、遠目に無地に見えるピンドットと呼ばれる小さな水玉から始めることをお勧めしたい。

カルダンが伝来させた粋なペイズリータイ

戦後の日本は英国調のオーダースーツとレディ・メイドのアメリカントラッドスーツが人気を二分していた。1960年代の初め、そこに初めてコンチネンタルテイスト(欧州大陸的)のスーツを伝来させたのがピエール・カルダンだった。

カルダンは自身がデザインした、パゴットラインと呼ばれるエッフェル塔のように胸がタイトで裾が広がっているスーツで日本にカルダンブームを巻き起こしただけでなく、ペイズリータイの着こなしにおいても高度なセンスを持ち込んだのである。

この当時の日本では、ネクタイと同じ柄のポケットチーフをセットにした商品が人気を呼んでいた。これを目にしたカルダンは『ネクタイとポケットチーフを同じ柄で揃えるのは野暮だし、美的センスに欠けるものです。パリではそんなことをしている人はいません』といって、自ら手本を示したのである。

彼は茶系ベースで、黒や緑の入ったペイズリータイに、ネクタイの中に使われた一色、たとえば緑をベースにして、そこに金茶を加えたポケットチーフを組み合わせることによって、我々に新たなお洒落テクニックを伝授してくれたのである。

いっぽう『トラッド歳時記』(婦人画報社)などの著書で知られる評論家のくろすとしゆきさんは『ネクタイ誌』(文化出版局)という本のなかで「大きなペイズリーはアメーバーやゾウリムシのようで気味が悪い」と書いている。トラッド派の教祖であるくろすさんのお勧めするペイズリーは小柄で水玉のように柄が詰まっているネクタイだという。またシャリーと呼ばれる薄手ウールの小柄ペイズリータイは、スポーティな着こなしやブレザーにマッチするそうだ。

ペイズリータイはお洒落なセンスを発揮できる柄なので、マスコミ、広告、芸能関係の人たちに愛好者が多い。若い方がビジネスに取り入れるには、小柄のペイズリーでシルク・フーラードと呼ばれる薄手羽二重のプリントモノがお勧めである。

ひとつの柄をチャーチルのように使い続けるのもいいし、3種の柄を用途によって使いわけるのもいい。無地のネクタイやストライプタイばかり締めていた筆者は、最近ポルカドットに挑戦しようと思っている。

Navigator
遠山 周平

服飾評論家。1951年東京生まれ。日本大学理工学部建築学科出身。取材を第一に、自らの体感を優先した『買って、試して、書く』を信条にする。豊富な知識と経験をもとにした、流行に迎合しないタイムレスなスタイル提案は多くの支持を獲得している。天皇陛下のテーラー、服部晋が主催する私塾キンテーラーリングアカデミーで4年間服づくりの修行を積んだ。著書に『背広のプライド』(亀鑑書房)『洒脱自在』(中央公論新社)などがある。

Vol.41 41カーキとドレスチノ、2種類あるチノパンの生い立ちと使い方を知っておきたい。

Vol.39 女性がほんらい男物だったトレンチコートを着るとき


FEATURED ARTICLES

Mar 23rd, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.02

スタイリッシュにデザインされた大人なパーカは、きれい目で落ち着きのあるスタイリングを程よくカジュアルダウンするように着こ...

Aug 25th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.01

アメリカントラディショナルファッションの代名詞ともいうべきネイビーブレザーは、日本では《紺ブレ》の愛称で親しまれている。...

Feb 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.50 ブレザーは基本の3種類をシルプルかつスタイリッシュに着たいもの。

トラッドの必需品であるブレザーは万能服としても知られるアイテム。今回は3人のアイコニックな人物のスタイルをお手本に、このア...

Mar 2nd, 2017

HOW TO

ウォーターリネンジャケット Vol.01

リネンはコットンと比較して丈夫で通気性が高いため、現代では夏物の衣料によく採用されている。その歴史は深く、紀元前より生地...

Feb 9th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01

トラッドの定番であるB.D.(ボタンダウン)シャツは、アメリカのブランド<BROOKS BROTHERS>創業者の孫であるジョン・E・ブルッ...

Aug 17th, 2016

ICON OF TRAD

Vol.44 学生向きの靴という印象が強いローファーの奥深い魅力。

ローファーのシンプルな造りの中に散りばめられたディティールからは、この靴を愛用してきた人々の歴史や文化、ライフスタイルが...


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Feb 23rd, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.03

女性がオックススフォード地のボタンダウンシャツを着こなす場合は、スカーフやアクセサリーなどを使いコーディネートに華やかさ...

Feb 16th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.02

ブレザーを合わせたオーセンティックなスタイルがB.D.シャツを一番輝かせるコーディネート。オフでは、装いに品を添えるような気...

Jan 26th, 2017

HOW TO

トレンチコート Vol.02

凛とした佇まいのトレンチコートは、明るく爽やかなニュアンスをプラスすることで女性らしさが引き立ち、バランスよく着こなせる。