UNSUNG NEW YORKERS

Vol.19 ここが好きなのは、人々がコトをやり遂げるから


Jan 31st, 2017

Text and photos_Yumiko Sakuma

I love it here because people get shit done in New York
ここが好きなのは、人々がコトをやり遂げるから

ジェイミー・ウォンのことは、ブルックリンで行われていたヴィンテージのトレードショーで知った。今ではすっかり友達になったけれど、最初は笑顔を安売りしないタイプだと思った。ヒゲを生やした白人男性たちがわんさかいる業界で、LAでひとりで熱烈なファンの多いヴィンテージショップを経営している、それも当然だなと頼もしかった。

知り合った翌年、ブルックリンのウィリアムズバーグにあったヴィンテージショップをジェイミーが引き継いだ。屋号も彼女のLAの店と同じ<ラゲディ・スレッズ>になった。ニューヨークに第2の店をオープンし、徐々にニューヨーク生活に慣れつつあるジェイミーに話を聞いた。

「子供の頃から、いつも古いものが好きだったのが高じて、スリフトショップで見つけたヴィンテージを、1997年にLAのフリーマーケット<ローズボール>で売るようになった。そこでオールドスクールのディーラーたちに質問をすることで、ヴィンテージの知識を身につけた」

大学に通いながら、飛行機の部品を売買するディーラーにフルタイムで務め、週末はフリーマーケットでヴィンテージを売る、という生活をしていたある日、朝起きて「自分の店をやろう」と決めた。応援してくれたのは母親だった。LA郊外で経営していた印刷ショップの一角を、貸してくれたのだ。

この数年間で母親から会計や税金といった、ビジネスを営むことのいろはを学んだが、前の勤め先で得た売買の交渉術と、フリーマーケットで得たヴィンテージの知識が役に立って、2005年にはLAのアート・ディストリクトで自分の店をオープンするまでに。

「その後には、空前の不景気も経験して、もっと狭い店への移転も余儀なくされた。自分がこの商売に向いてるかどうかはあまり考えなかった。やり続けたのは、ヴィンテージのディーリングを愛しているから」

LAのリトル・トーキョーに移転オープンした今の店が落ち着いた頃、新しいことを始めたくなった。そのときに考えたのがニューヨークでのデビューだ。けれど店を探していた2012年、ハリケーン・サンディがニューヨークを襲った。「タイミングが悪い」と一度は諦めたニューヨーク店だけれど、昨年、ニューヨークからかかってきた一本の電話が運命を変えた。

「すぐにこの店を見に来て、決断した」
今<ラゲディ・スレッド>のニューヨーク店は、もうすぐ1歳になろうとしている。そしてジェイミーもニューヨークの生活に慣れようとしている。

「天気も違うし、人の感覚も違う。街のエネルギーが違う!順応するのは簡単じゃない。でもニューヨークが好きなのは、誰もがコトをやり遂げるから。LAだといつもいろんなことが先送りされている。こういうふうには進まないの」


Navigator
佐久間 裕美子

ニューヨーク在住ライター。1973年生まれ。東京育ち。慶應大学卒業後、イェール大学で修士号を取得。1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。政治家(アル・ゴア副大統領、ショーペン元スウェーデン首相)、作家(カズオ・イシグロ、ポール・オースター)、デザイナー(川久保玲、トム・フォード)、アーティスト(草間彌生、ジェフ・クーンズ、杉本博司)など、幅広いジャンルにわたり多数の著名人・クリエーターにインタビュー。著書に「ヒップな生活革命」(朝日出版社)、翻訳書に「世界を動かすプレゼン力」(NHK出版)、「テロリストの息子」(朝日出版社)。

ニューヨークはプレシャスでかけがえのない都市

他の場所には存在しないこの街のエネルギーとエキサイトメントに魅了される。


FEATURED ARTICLES

Sep 15th, 2016

HOW TO

ネイビーブレザー Vol.02

Vol.01のディテール解説に続き、Vol.02ではネイビーブレザーを着こなすスタイリングを提案。正統派にまとめるアイテムの組み合わ...

Mar 16th, 2017

HOW TO

ウォーターリネン ジャケット Vol.02

ジャケットを主役にしたコーディネートは、リネンの質感を活かすために、ウェアの素材をまとめて統一感のある着こなしを意識する...

Mar 2nd, 2017

ICON OF TRAD

Vol.51 トラッドな春夏スーツ服地の知識を蓄えれば仕事も快適にこなせる。

サマースーツの定番服地となるウールトロについて、ニューヨーカーのチーフデザイナーの声と共にその特徴を予習。今シーズンのス...

Feb 9th, 2017

HOW TO

オックスフォード ボタンダウンシャツ Vol.01

トラッドの定番であるB.D.(ボタンダウン)シャツは、アメリカのブランド<BROOKS BROTHERS>創業者の孫であるジョン・E・ブルッ...

Mar 9th, 2017

HOW TO

ジップアップ パーカ Vol.01

氷雪地帯で生活をしていたアラスカ先住民のイヌイット民族が、アザラシやトナカイなど、動物の皮革でフード付きの上着(アノラッ...

Aug 17th, 2016

ICON OF TRAD

Vol.44 学生向きの靴という印象が強いローファーの奥深い魅力。

ローファーのシンプルな造りの中に散りばめられたディティールからは、この靴を愛用してきた人々の歴史や文化、ライフスタイルが...


YOU MAY ALSO LIKE

Mar 28th, 2017

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.21 こんなことができて、人々が喜んでくれる場所

2000年代にはいくつもあった、ブルックリンのDIYスペースが、グリーンポイントやウィリアムズバーグから少しずつ姿を消すようにな...

Mar 14th, 2017

NEWYORK LIVES

川村真司「出る杭が謳われる都市ニューヨーク」

最初にニューヨークに移ろうと決めたのは、猫に引っ掻かれたから。アムステルダムの運河沿いの家で、いつも窓から入ってくる野良...

Feb 28th, 2017

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.20 ニューヨークはプレシャスでかけがえのない都市

 ラーキン・グリムは、もう何年も前に、アーティストの集団を通じて知り合ったシンガー・ソングライターだ。 ごくたまにライブ...

Feb 21st, 2017

NEWYORK LIVES

重松象平 「Newがつく都市」

「New」ということばを故郷の街にくっつけて世界のどこかに全く新しい街をつくるというのはいったいどんな感覚なんだろう。それは...

Jan 17th, 2017

NEWYORK LIVES

SADA ITO「自分を傷つけ、癒し、受け止めてくれたニューヨーク。」(1999.10-2001.02)

 1999年10月、20歳の自分はニューヨークへ渡りました。目的は語学留学。海外に住んでみたい(すでに東京でメイクアップの専門学...

Dec 27th, 2016

UNSUNG NEW YORKERS

Vol.18 他の場所には存在しないこの街のエネルギーとエキサイトメントに魅了される。

何年か前にイベントの仕事で知り合ったジェニーは、ベトナム系のオーストラリア人だ。いきなり仕事でお金の交渉をする立場になっ...