HOW TO

定番のネイビー、グレー、ブラックのジャケットをベースに、Vゾーンの基本的なつくりかたをご紹介します。基本をおさえて、シーンに合わせた自分らしいスタイルを増やしていきましょう。

まずVゾーンの構成にかかせない、3つのパターンを覚えましょう。慣れてくると、様々なバリエーションがつくれます。

同系色でまとめる

Vゾーンを構成するジャケット、ネクタイ、シャツでグラデーションをつくります。これらを同系色で統一させたり、同じ色相、トーンにするだけで手軽に様になります。

色をつなげる

スーツやシャツに使われている色と、ネクタイに使われている色のいずれかを同色でつなげます。異なる色柄合わせでも、どこか1色をリンクさせていくと、調和のとれたVゾーンができます。

柄で遊ぶ

柄の上に同じ柄を重ね合わせるテクニック。チェックならその大きさ、ストライプならそのピッチに差をつけたものを選ぶと、こなれた感じを演出しつつ、バランスがとれます。

ネイビースーツのVゾーン

スーツの王道色といえばネイビースーツ。ビジネスシーンで不可欠な清潔感や知的さをタイとシャツの組み合わせで演出しましょう。

流行、シーズンに流されないVゾーン

チェックシャツとグレーのレジメンタルネクタイを合わせた、シーズンレスに大活躍するVゾーンです。チェックとストライプのミックスと聞くと、やや派手な組み合わせに感じますが、どれもスーツのネイビーからつながるブルー系で統一しています。

ネイビースーツの王道コーディネート

ネイビー無地のシンプルなネクタイを合わせた王道スタイル。シックにまとまりがちなネイビースーツ×ネイビーネクタイの場合は、シャープな印象のストライプシャツが良く合います。ビジネスマンとして一式は揃えておくべきコーディネートといえるでしょう。

品格を感じさせるスタイル

サックスのストライプシャツとエンジ小紋ネクタイを合わせた、奇をてらうことのない品と格を感じさせるVゾーンはビジネスシーンでも大活躍。エンジは目を引くカラーでありながら、落ち着いた印象をもたらすので、着回しもしやすくビジネスシーンでは万能なカラーリングです。

カジュアル過ぎない程よいバランス

ブルーのチェックシャツと相性が抜群に良い、優しいブラウンの小紋柄ネクタイ。適度なカジュアル感がありながら、上品にまとまっていて、大人の余裕を感じさせるスタイルです。ネイビースーツなら色柄を組み合わせても清潔感を損ないません。

ワンポイントアドバイス

ネイビースーツに良く合うネクタイは?

スーツの色合いの濃さやストライプの有無、中に着たシャツの色味等、様々な要素があるため一概には言えませんが、一般的には暗い色でまとめすぎるとアンバランスな印象になりがちです。逆に、ジャケットよりも明るめの色柄を取り入れても上品さをキープできるのが特徴です。いつも似たようなネクタイを選んでしまうという方は、購入時にスタッフに相談してみるのも、新しい発見があるのでおすすめです。

グレースーツのVゾーン

シックな印象のグレースーツは、Vゾーンをつくりやすいのが特徴。グレーの濃淡によっても印象が変わるので季節にあわせて変化をつけていきましょう。

好印象な正統派

チェック柄シャツとネイビーのドットネクタイを合わせた正統派のVゾーン。ストライプを配したグレースーツにドットが映え、平凡な印象を与えない爽やかなスタイルになります。トーンを合わせれば、柄の組み合わせも主張しすぎず、良いバランスにまとまります。

高いアピール力をもつ胸元

コントラストをつけて、エンジの小紋ネクタイをコーディネート。白とグレーの中にエンジが引き立ち、飽きを感じさせないスマートなVゾーンに。上品に個性を発揮することができて、ビジネスシーンで役立つ組み合わせです。

清楚なブルー系グラデーション

サックスの無地シャツにネイビーのレジメンタルネクタイをチョイス。洗練されたVゾーンが完成します。サックス×ネイビーの組み合わせは、清潔感があり爽やかな印象。社内会議だけでなく、取引先へのプレゼンにもふさわしいスタイルです。

相性抜群のカラーパターン

グレーのストライプスーツに、サックスのストライプシャツとブラウンの小紋ネクタイ。グレー×サックス×ブラウンは相性抜群の鉄板カラーです。カラートーンを抑えたミニマムなコーディネートが男の魅力を引き立てます。

ワンポイントアドバイス

2着目のグレースーツは何を買う?

これほど頼もしいビジネスウェアはない、あると何かと重宝するグレースーツ。もし既に無地を持っていて、2着目のグレースーツを買う予定がある方は、チェックやストライプにチャレンジすることをオススメします。グレーならビジネスのさまざまなシーンに対応でき、センス良く着ればとてもかっこいいもの。ねずみ色のおじさんにならないように、パターン・オン・パターンのVゾーンも楽しんでみましょう。

ブラックスーツのVゾーン

ビジネスシーンで一般的になってきたブラックスーツ。スーツの「黒」に負けない組み合わせをするのがポイントです。

素材と色で若々しさを演出

シャツとネクタイはブルー系同士の合わせ。黒いスーツに色が沈まないよう、ネクタイはやや艶っぽさをもたせたことで、爽やかで若々しい印象が演出されます。ビジネスシーンという枠を超え、幅広く対応できるVゾーンです。

誠実な印象で信頼感も獲得

ネイビー&サックスのレジメンタルネクタイのコーディネート。定番中の定番なので迷ったらコレ!と言っても過言ではありません。黒いスーツのVゾーンは、ネクタイを明るすぎない色にして引き締めるのがポイントです。

知的なストライプ・オン・ストライプ

ブラックのスーツにサックスブルーが際立ち、定番ながら凛とした印象を与えるスタイリング。シャツのさりげないストライプにレジメンタルネクタイのシャープさが加わると、立体感も感じられるVゾーンになります。

新・定番スタイル

ストライプ柄のスーツに、エンジの小紋ネクタイを合わせた絶妙なVゾーン。馴染みのあるサックスカラーのシャツとエンジカラーのネクタイの組み合わせが新鮮。それでいて奇をてらわないルックスなので、新しい定番スタイルになりそうです。

ワンポイントアドバイス

NGなブラックスーツのVゾーン

ブラックスーツにホワイトシャツ×シルバーネクタイは、ドレス感が増して結婚式にはぴったりの装い。それ故にビジネスシーンではNGなVゾーンです。ネクタイは同じ生地感や光沢感でも、シルバーやホワイト以外のカラーをチョイスしましょう。ちなみに、結婚式には礼服を着ることがホストに対しての礼儀とも言えます。

NEWYORKER MEN'S ネクタイ一覧
NEWYORKER MEN'S ポケットチーフ一覧

このページへのご意見、ご感想をお待ちしています。(500文字以内)

※頂いたご意見、ご感想の本サイトへの自動表示及び返信は行っておりませんが、
本サイト内で引用させていただく場合があります。予めご了承ください。